カケホ5分までの格安プランを新設

NO IMAGE

iPhone6sの発表から各社端末料金が出てきました。
端末価格は、ドコモが一番安く設定するようで、早速違いを付けてきました。

そんな中、auとソフトバンクは、カケホーダイの格安プランを設定してきました。

auは、スーパーカケホ
SBMは、スマ放題ライト

を新設しています。

簡単に説明すると、各社とも月額料金を1,700円にして、5分以内の国内通話を無料にする内容です。
通常のカケホーダイと比べて、1,000円安い代わりに5分超えたら30秒毎に20円払ってねっていうことです。

これまで、ガラケーやカケホじゃないプランの方には朗報ですね。
ただ、そういう方々がこのプランがあるからとMNPするかというとちょっと疑問な気がします。
それと、ガラケーからスマホへスイッチさせたいのがキャリアだと思いますが、それには向かないように思います。

一方、私を含め仕事等で電話がある程度ある人には、気にしていてもかえって高くなりそうな予感がします。
やっぱり仕事であれば5分だからと途中で切るわけにもいきませんので、使いこなすのは難しそうです。
1,700円のつもりで従量料金を払うのと、2,700円の定額では前者の方が損したような気持ちになりそうです。

さて、ドコモはこれに追従するのかに注目が集まります。
個人的予想では、結局後手で追従するような気がしてなりません。

結局横並びになってしまうのは、やっぱり何かがあるのかもしれません。