ドコモが6年5か月ぶりに転入超に

NO IMAGE

6月のMNP利用状況でやっとドコモが転入超に転換しました。
といっても、ドコモ本体の契約が増えたわけじゃなくてMVNOの利用者が増加したためです。
それでも約2,000契約程度の超過ですからまだまだでしょうね。

最近では、いろいろな会社がMVNOを提供し始めていますが、そのほとんどがドコモの回線を使用しています。
そのため、黙っていても勝手にドコモの利用者数は増えていきます。

興味深いのは、SBMが転出超過になっています。
今まではiPhoneの影響も大きくありましたが、今ではドコモもauも取り扱っており、取り扱い機種に差がなくなりました。
一番解約金が高いのもSBMですから、今まで変えたくても変えられなかった人たちが順次元のキャリアに戻った可能性もあります。
私の行動範囲での話になりますが、電波の悪さは一番です。
現在は、ドコモ・auと持っていますがこれで使えなかったところはありませんでした。

基本料金の部分では、スマートバリューの恩恵が大きくて一番安いイメージです。
ドコモは、家族でたくさん使えば安い印象を受けます。
そうはいってもほぼ横並びなので利用状況に合わせて選べばいいレベルです。

そうなってくると、もうどこでもいい状態なわけでそうなってくると日本人的には大きい会社に回帰する傾向があって戻ってきている感じでしょうか。
それか、値段最優先の格安SIMのMVNOになりそうな気がします。

私の利用状況では、電話を掛けることが多いので格安SIMよりカケホーダイの方がメリットがあるのでこのまま行くと思いますが
ガラケーでカケホーダイ、スマホは格安SIMでデータのみっていうのがお得になりそうです。
またぼちぼち見直ししていこうと思います。