新ヴェゼルが1,000kmを超えた!

新ヴェゼルが1,000kmを超えた!

5月に納車されて、約1か月半経ちましたがやっと走行距離が1,000kmを超えました!
これまでだったら1週間から2週間で1,000kmぐらい乗っていたので、今まででは考えられないくらいのローペースです。
やはり通勤距離が1/10と仕事で乗ることがほぼない事が大きな要因ですね。

そのせいもあって、燃費はここの所最悪を記録しています。
片道5km弱というシビアコンディションに該当するような使い方ですので、仕方ないのですが全く伸びません。
ハイブリッドでも良くて16km/Lぐらいにしかなりません。
当分先になると思いますが、次回の車はハイブリッドじゃなくてもいいと思っています。
ひょっとしたら電気自動車が主流になってるかもしれません。

Advertisement

さて、ヴェゼルを1,000km乗ってみて、良いところも悪いところも気になるところを上げてみようと思います。

  • LEDになったウインカーが想像以上に明るい
    これは、そこら辺に反射するとこで分かるのですが、今までインパネ以外でウインカーが出ていることをあまり意識したことがありませんでしたが、前方の車や看板などに反射しているウインカーの明かりが気になるようになりました。
    所謂流れるウインカーの車の方がもっと気になるとは思いますが、想像以上の明るさでした。
  • ドアミラーの動く音が静かになった
    ヴェゼルには、解錠および施錠時にドアミラーを自動でたたんだりできるのですが、16Mの時より音が静かになった気がします。
    特別ZだからとかRSだからとかはないと思いますが、気持ち静かになりました。
  • 16Mの時よりアクセルオフの時にチャージされる量が増えた?
    アクセルオフの時にバッテリーにチャージされる目盛は2つだったと思うのですが、18Mになったら目盛が3つになっていました。単純に表示だけの問題ならアレですが…。
  • RSのウルトラスエードタイプの専用インテリアはちょっと気になる
    Zの時は、本革と合成皮革だった思うのですが、ケバケバしていないので肘を乗っけたっりしてもあんまり気にならなかったのですが、RSのウルトラスエードは、ちょっとケバケバする気がしてこれからの暑い時期は半袖なので直接触ると個人的にはちょっと気になったりします。

こんなところが最近は気になりますが、総じて満足しています。
今月は、遠出を控えておりますのでその時に燃費は確かめてこようと思います。
たぶんこれまでの分を取り返すぐらい楽しんで乗ってこようと思います!