Honda SENSINGの誤作動が気になる!

Honda SENSINGの誤作動が気になる!

つい先日遠出をしましたので高速やバイパスなどので折角なのでホンダセンシングをいろいろ使ってみましたが、最近は以前の16Mヴェゼルより18Mヴェゼルの方がいろいろと誤作動を多く感じました。
ただ、これは私の走った道や条件等に大きく左右されることも考えられますので、ひとつの事例として読んでもらえればと思います。

HondaSENSINGの誤作動

追い越し時のブレーキ

まず高速道路で追い越し車線を100km/hで走っていて、走行車線の車を追い越す時にブレーキがかかる。
ブレーキがかかる場合とかからない場合があって、どうやら少し右カーブだと前方車と認識するらしくブレーキがかかります。
走行車線を走っているときは、ひょっとしたら左カーブだと同じような現象が起こるかもしれません。

後続車からするとなんでそこでブレーキ踏むの?っていう感じになってそうでちょっと怖いです。

ちょっと余裕のない車線変更時に加速が遅れる

前に車がいてちょっと近づいてしまったあとに車線変更すると、前に車がいると認識し続けるのか加速が遅れます。
例えば設定100km/hにしておいて、前方車が80km/hの車を追従していて車線変更をした後、100km/hまで加速するのが遅れてしまうことがありました。

対向車・ガードレールなどに反応する

特に片側1車線ずつの道路で多く発生するのですが、少し曲がっていると対向車やガードレールなどを認識して、ブレーキがかかります。
これがちょっと怖くて、時には急ブレーキで冷や汗をかいた事もあります。
この時は、追従などせずに普通に50km/hあたりで走っていてなりました。

あとは交差点で前の車が遅れて右折レーンに入った時に直進しようとしたときに、前の車はもう右折レーンなのに急ブレーキがかかったこともありました。

Advertisement

まとめ

こんな感じで誤作動がありますので、あくまで支援システムということで使用することをお勧めします。
私はアイサイト等の他車を運転したことがありませんので、どのくらい違うかわかりませんので今度レンタカーなどで借りてみたいと思います。
高級車だと違うならちょっと興味があります。